院長紹介

川村院長の写真
院長 川村 則行
(医師、医学博士)

3.11の東北関東大震災の傷のまだ癒えない不安な時期に、新規開業した、心療内科・精神科を主にした診療所です。その後も次々と自然災害に見舞われている昨今の日本です。不安の拭いきれない今こそ、安心できる、暖かい治療環境を提供させていただいて、できるだけ早期に良いこころの状態を作り上げるのが、この診療院の第一テーマだと思います。

川村総合診療院は、すべての年齢層の方の「こころ」の問題の解決にお役に立てることを目的にしています。うつ病、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、パニック障害、不安障害、社会不安障害、不眠、摂食障害、適応障害などの「こころ」の病気に対して、薬物療法だけではなく、カウンセリングや各種心理療法、などをご利用いただけるよう準備しています。心理検査、身体的検査を施行し、データに基づいた客観的治療を心がけます。医師を始め、医療スタッフは常に最新の医療技術が提供できるよう日頃から研鑽を惜しみません。

特に、薬をいつまでもやめさせてもらえないとお悩みの患者様や、説明が不十分で納得のいかない治療を受けておられる患者様、今ひとつ改善が遅いとお悩みの患者様、わかってもらえないとお困りの患者様、ほかの病院に行ったがはかばかしい改善がみられないなどとお困りの患者様、当院では、原因を探り、苦悩の元を断ち切り、原因の修復をめざした治療ができるよう最善の努力を致しております。皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

略歴
1986年 東京大学医学部卒業
1989年 学術振興会特別研究員博士課程
1990年 東京大学大学院院博士課程第三基礎医学卒業
1990年 国立相模原病院 内科
1993年 国立精神・神経センター 精神保健研究所 心身医学研究部研究員
1995年 同施設 心身症研究室長
2002年 Max Planck精神医学研究所(ドイツ) 海外派遣研究者
2003年 NIMH(米国) Dept. Neurotoxicology 客員研究員
2010年 ハートクリニック (精神科)
2011年 5月 外苑メンタルクリニック開院 院長
2013年 4月 医療法人行基会理事長 就任
2013年 5月 外苑メンタルクリニック改め川村総合診療院 院長
現在に至る
2013年 12月 3日 臨床分子精神医学研究所 開所

※国立精神・神経センター勤務時は併任医師として、国府台病院と武蔵病院の心療内科・精神科外来担当

専門とする疾患

うつ病 心的外傷後ストレス障害(PTSD) パニック障害 摂食障害 免疫アレルギー疾患  血漿成分によるうつ病の検出と治療への応用

所属学会
  • 日本心身医学会
  • 日本心療内科学会
  • 日本精神神経医学会
  • 日本生物的精神医学会
  • 日本精神科診断学会
  • 日本不安症学会

非常勤医師紹介(木曜日午前担当)

原田医師の写真
医師 原田 豪人(つよと)
(医師、医学博士)

精神科医として勤務を始めて10数年になります。これまでにうつ病、双極性障害(躁うつ病)、不安障害などを専門的に診察してきました。例えば、うつ病で仕事を休職された方に対する休職から復職までの治療なども数多く行ってきました。

治療において抗うつ薬などの薬剤を使用することも多いですが、薬の使用は常にシンプルになるように心がけており、通常使用する薬剤は1~2種類です。いわゆる安定剤などの依存性が強い薬の処方は極力控えており、患者様の安全を第一に考慮して治療を行っております。

また病状が改善して一定期間が経過したあとは、患者様と相談のうえで服薬を終了することも多く、一旦薬を飲み始めたらやめられなくなるということもありません。

医者-患者の治療関係は常に対等になるように心がけているため、医者が患者様を抱え込むという関係にはならないように配慮しており、医者と相談しながら一緒に治療方針を決めていきたいという方にとっては満足がいく診察になると思います。

自分に適した医者を探すというのは難しい行為だと思いますが、精神科医の選択によってその方の一生が左右されることも少なくないと思います。もし担当させていただいた際にはその方の人生の一助となれれば幸いです。

略歴
2002年 3月 日本医科大学医学部医学科卒業
2002年 4月 東京女子医科大学病院神経精神科に入局
2005年 7月 秦野厚生病院に出向
2006年 7月 東京女子医科大学病院神経精神科に帰局
2007年 4月 埼玉県立精神医療センターに出向
2008年 4月 東京女子医科大学東医療センター精神科に出向
2014年12月 東京女子医科大学病院神経精神科を退職
2015年 精神科クリニック勤務
資格等
  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 第18回日本臨床精神神経薬理学会学会奨励賞受賞
専門とする疾患

うつ病 双極性障害

当院の臨床心理士・公認心理師の紹介

心に関する不安を抱えていらっしゃる皆様が、安心して気軽に来院され、診療が受けられるようスタッフ一同こころがけております。

当院では、公認心理士・臨床心理士の資格を持ったものが4名在籍しております。
また、英語でのカウンセリングを行うこともできます。

WAIS WISC SCID TEG CES-D  MMSEなどの心理検査の他、心理カウンセリングを実施しています。
ロールシャッハは現在都内教育機関に外部に紹介しています。

 

日曜勤務:石上 友梨 (臨床心理士・公認心理師)
写真

認知行動療法、スキーマ療法をベースに、セルフ・コンパッションやマインドフルネス等を組み合わせながらカウンセリングを行っています。

大人の発達障害や愛着障害、対人関係や性格の悩みなど、生きづらさを軽減するために幅広い内容のご相談に応じています。一緒に何ができるか考えていきましょう。

試しに1回のカウンセリング体験でも大丈夫です。医師にご相談ください。

著書

『仕事・人間関係がラクになる「生きづらさの根っこ」の癒し方セルフ・コンパッション42のワーク』(大和出版)など

 

 

 


月曜勤務:五十嵐 禄 (臨床心理士・公認心理師)
写真

大学卒業し、商社勤務を経た後、臨床心理学を本格的に学ぶために渡米。米国のシカゴスクールオブプロフェショナルサイコロジー(臨床心理学専門大学院)で修士号を取得しました。

その後は北海道の精神科病院にてリハビリ支援、カウンセリング業務を経て、2013年より川村総合診療院にて心理士として勤務しています。

常に患者さんに寄り添った認知行動療法をはじめ少しでも楽になっていただけるような心理療法を心がけています。

主な心理療法

認知行動療法、支持療法、対人関係療法、マインドフルネス瞑想法など。

 

 

 


水曜勤務:島田 祐子 (臨床心理士・公認心理師)
写真

これまで、教育・産業・医療の領域で、心理検査、カウンセリング、サイコセラピー、調査研究(睡眠)などに十数年以上携わって参りました。

その間、個人的には、家族の仕事の関係で海外生活を送り、しばらく心理臨床業務を離れ、子育てに専念した時期がありました。多くの方々との出会いを通して、人生の幅が広がったと感じています。それらの体験が患者さんの心理療法をする時にも役立っています。

最近では、「交流分析(TA)」を専門的に学び、TAによる心理療法を駆使して対峙させていただいています。“I am OK-You are OK.”の立場から、患者さんが自分らしい生き方を見出し、歩みだされるお手伝いが出来ればと思っています。

 

 

 


木曜勤務:亀田 優衣 (臨床心理士・公認心理師)
写真

認知行動療法をベースに心理療法を行っています。

この職を志したのは「疲れてしまう瞬間やなんとなく立ち止まりたい瞬間等、人生の様々な瞬間でもっと杖のような、”自分の重みを預けても安心で、立ち上がったり歩いたりするのに横で力にくれる存在”がいたらいいんじゃないか」という想いからです。

私が患者様とお会いするときに心がけていることは、患者様のストーリーに耳を傾けること、困りごとの改善を越えて患者様の望んでいる状態や既に発揮されている力、できていることに目を向けることです。

1つひとつ丁寧に言葉にしながら、今起きていることの整理や「こうなったらいいな」という状態へ近づく手立てを一緒に考えることができればと思います。


電話アイコン ご予約・お問い合わせ 03-3478-1146
Web
診療予約
診療
時間